トマトの効能

トマトの赤はリコピンの赤。ビタミンEの100倍の抗酸化力

トマトの赤はリコピンの赤です。リコピンはカロテノイドの一種で、抗酸化物質のひとつです。このリコピンですが全てのカロテノイドの中でも、β-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化力をもち、生活習慣病予防や老化抑制にも効果があると言われています。よこはまくろふねの「手づくり トマトジュース」には、このリコピンがたっぷり含まれています。

トマト(ジュース)がもつアンチエイジング効果

肌のシミやシワ、生活習慣病など加齢によって起こる現象は「酸化」によって引き起こされると言われています。活性酸素によって酸化を抑えることを「抗酸化」と言い、活性酸素からからだを守ることを「抗酸化作用」と言います。

 

トマトに多く含まれる「リコピン」には活性酸素を消し去ってくれる、この「抗酸化作用」があります。その中でも、主に紫外線により発生する活性酸素に対する力が強いことが知られています。

 

エイジング対策に必要な栄養素が「抗酸化物質」ですから、「リコピン」は美容や健康を支えてくれる成分として期待されているわけです。

 

最近では「リコピン」には 紫外線による真皮のコラーゲンの減少を抑えるだけでなく、増加 させる可能性があるとも言われています。「リコピン」のチカラってすごいですね。

トマトにはメタボ対策としての効果も

トマトに豊富に含まれる話題の「リコピン」には、血液をきれいにしたり、毛細血管を強くしたり、老化の原因となる活性酸素を消去する力、体内のコラーゲンの生成を高める働きがあると言われています。が、それだけではありません。

 

「リコピン」には血糖値を下げる効果もあるので、血糖値を下げることで脂肪がたまりにくくなり、空腹感が感じにくくなったり、結果、食べ過ぎの予防にもなると言われています。

 

さらに、トマトには「リコピン」だけではなく、脂肪の燃焼を促進する不飽和脂肪酸の一種(リノール酸誘導体)も含まれています。ここまで言われると「リコピン」が健康の万能薬にも思えてくるから不思議です。​ダイエットにはカロリー制限や運動療法が一番ですが、二番目はトマトジュースを飲むことかも知れません。

「リコピン」を上手にとるにはトマトジュース

リコピンは、同じ量を摂取したとしても、生のトマトより加工品の方が2~3倍もリコピンを吸収しやすいことが明らかにされています。

さらに、リコピンは加熱により吸収率が高まる性質があるので、トマトソースや、シチュー、スープなど、加熱調理して食べるのがおすすめです。もちろん、トマトを加熱して(煮こんで)作るトマトジュースもリコピンを効率よく摂取するのにぴったりなんです。

なお、リコピンは油に溶けやすい性質のため、油と一緒に食べると体内への吸収率がアップします。リコピン摂取の点から考えると、利にかなっているのがトマトを使ったイタリア料理などはいかがでしょう。よこはまくろふねの「手づくり トマトジュース」はそのまま飲むだけでなく、料理にもお使いいただけます。

よこはまくろふね「手づくり トマトジュース」のお問合せ・ご注文はこちらまで

 

電話:045-465-6752  (9:00~17:00 社会福祉法人 県央福祉会 アグリシステム羽沢)  メール:info@yokohama-kurofune.com

yokohama_kurofune.png
  • Twitter
  • Instagram

© 2020 Yokohama-Kurofune アグリシステム羽沢